スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大宰

大宰治を久々に読みましたが、いい凄くいい。

往年の名作「走れメロス」他短編集だったんだけれども、その他、短編がいい。大宰の人間的に弱い部分が凄くリアリティーに書かれていて、なるほどねぇと凄く共感してしまったのでありました。

しかも、大宰はわりと近現代の人だったと初めて知りました。あの時代の作家は、自分の生活を描くことで作品を作っていたんだなぁとしみじみ大宰を読みました。

特に、「津軽」の前作品と言える「帰省」いいです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kフィターゼ

Author:Kフィターゼ
自己紹介記事①
自己紹介記事②

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。