スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書 調理場という戦場

東京・三田にそれはそれは素晴らしいフランス料理店が存在しています。

シェフは福島の方なので、感覚をよく理解できるのですが、それでも尚、料理人の在り方を示す指南書であります。

この本は、人の営みの有り様を伝える訳ですが、料理人以外の人にも、ハタッと心を打つ言葉が何度も出てきます。

因みに、定かでないんですが、確かこの本は2度目で、久しぶりに読み返したのですが、前回よりも、言葉が呼び掛けて来たのでした。


なかなか、本はかさ張って買わないのですが、これは買わねば

コメントの投稿

非公開コメント

No title


これ丁度読みたいと思ってた本ですわ。

返信が遅くなりました。

めちゃくちゃ、身に染みる本です。一応、料理人の書いた本ですが、他の分野の人でも十分面白いと思います。是非、読んでください
プロフィール

Kフィターゼ

Author:Kフィターゼ
自己紹介記事①
自己紹介記事②

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。