スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

伝統と革新、変わるものと変わらないもの

以前にも、こんな題で書来ましたが、漸く、何とか、見えてきました。


クラシックとか、モダンとか、コンテンポラリーとか、時間軸は考えなくていいんです。
そう、答えはブルジョアジーにあったんです。ブルジョアです。


上流階級の料理、古いけど、古くない。忘れられつつある料理。それを、やればいいんです。時代に流されず、ずっと追求出来る。

和とフランスで(中華はできないから)。 新潟の先生のモノから京都の割烹、そして、実家の料理を、磨いていけばいいんです。

極普通の極上品、普通の中のピュアさを取り出す。この手法です。

目標が見つかったので、後はテクニックかねぇ?

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kフィターゼ

Author:Kフィターゼ
自己紹介記事①
自己紹介記事②

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。