スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミィル・フィユ


日本では、ミル・フィユでは無く、少し伸ばしてミル・フィ―ユになっていることが、多い。ですが、

ミル・フィ―ユだとフランス語だと1000人の女の子になるんだよ。だから、フランス人にミル・フィ―ユと言っても通じない。以上、小トレビアでした。

フランス 食の事典 参考


という訳で、今日はミル・フィユです。この時期は、以前紹介したリンゴとパインのピンクペッパー風味のジャムを間に挟んだタイプです。
パイはあまり膨らまないようにします。まさに、千枚の落ち葉のようにパリパリの食感。間の生クリームとジャムのサンフォニーが口中に広がります。後には、魅惑のピンクペッパーの香りが鼻を抜けていきます。


コメントの投稿

非公開コメント

No title

ブログでははじめまして!
しばらく前にお邪魔した、元部活同期でございます。
ケーキ写真がおいしそうだよー。ジャムの味がすごく気になります。
プロフィール

Kフィターゼ

Author:Kフィターゼ
自己紹介記事①
自己紹介記事②

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。