スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガレット・ブルトンヌ


今日は焼き菓子です。フランス北西部、モン・サン・ミッシェルで有名なブルターニュ地方のお菓子です。

ガレットと言うのは、円盤上の菓子や料理の総称。元々は小石の派生語だそうです。

焼き菓子の難しい所は焼き加減につきます。フランス語で『Cuitd'or(キュイ・ドール)』と言う言葉があります。直訳すると黄金の火入れということになります。まぁ、美味しそうに焼くということだと思っています。

表面が焼けても、中が生の場合があるので、中がきちんと火がはいるかどうかがポイントになります。

噛むとザクッザクッという歯ごたえと伴にラム酒の香りが鼻に抜け、ついつい食べ過ぎてしまうのです。後、ブルターニュ地方が塩の産地なので、ちょっと塩を入れています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Kフィターゼ

Author:Kフィターゼ
自己紹介記事①
自己紹介記事②

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。